ルーナっこの雑記ブログ

food・家・映画など、生活についてつづります。

会計監査のお願い

今年度の マンションの管理組合の監事を任されていました。

f:id:Lunakko:20210515173547j:plain

収支報告書

監事の仕事

管理人さんから 書類を渡され会計監査のお願いをされました。

・上の左側 水色のファイルが ”収支報告書

・右側 白い書類の束が ”管理費など収支報告書

 

ん?!何が 違うのでしょうか。

中身違うのに 同じ”収支報告書”という見出し。

これを監査して 一週間後に管理人さんに渡すようにお願いされました。

 

確認箇所が 4つあります。

1.「科目別明細」の各金額と、「請求書・領収証」の金額と「通用写し」の金額が一致していることをご確認ください。

 

まず 「科目別明細」と、「請求書・領収証」と「通用写し」が どちらにあるのかさえ 示されていません。

と言うことで、白い書類の束に自分で青の見出しをつけました。

こんなに分かりにくい指示と、書類の束はみたことがありません。

2.「管理費会計の部・収支計算書」及び「修繕積立金合計の部・収支計算書」の各残高が「貸借対照表」(管理費会計の部・修繕積立金合計の部)《管理費会残高・修繕積立金会計残高》表示金額と相違のないことをご確認ください。

 

うん、ますます分からなくなってきました。

簿記をやっていればわかるのかも知れませんが、初めてみた書類ですからポイントがどこにあるのか 全く見えません。

3.「貸借対照表」の預金残高(合計)と「会計監査簿」に添付されている、「残高証明書」記載の 各種預金種類と口座残高(合計)に、相違のないことをご確認ください。

 

「会計監査簿」に添付されている~、とありますが 「会計監査簿」が ないのです。

 

以前からの文章をそのままコピーするだけなら、もっと詳しく

3.書類の束の前の方にある「「貸借対照表」の預金残高(合計)と、後ろの方にある「残高証明書」記載の 各種預金種類と口座残高(合計)~~。

などとするだけでも、違うと思います。

 

4.「貸借対照表」の資産の部 及び負債の部(借方/貸方)の合計金額が相違なく記載されていることをご確認ください。

 

貸借対照表」が 何者なのかは、簿記をやっていないと みてもわからないと思います。

教えていただく

分かりやすいように見出しをつけてみました。

そして中身を見るだけで 2時間もかかりました。

それでも分からないので、もう泣きそうです。

 

管理人さんに 訳を話すと 前年の監事のかたを紹介いただきました。

でも監事のかたは お仕事は理事長にお任せだったとのこと。

そこで理事長さんに聞きますと、「2ヶ月に1回の理事会の時に合計は見てますが、細かいところは見ていない。ひとつきを確認して終わりにするとかでもいいかも知れません。それでいいとは、私からは言えませんが。」

と言うことでした。

 

そこで 今も理事会の時に会計をみてるのか 今年度のかたに聞きにいくと

「毎月の詳細を詳しくは みていない。例えば、どこかひとつきを確認するとかでもいいかも知れません。それでいいとは、私からは言えませんが。」

と 同じアドバイスをいただきました。

 

監事ですから、全て確認する必要があるのでしょうが、時間もないので、できる限り確認することにしました。

 

以前 管理会社の担当者が何年も不正をしていたことがあるので、重要で大切な役割だと思います。

最後に

事務処理のかたが資料作成するのも大変だと思いますが、書類の束に見出しをつけて欲しいと思いました。

それが難しいなら 項目を目次のようにつけるとか。

そして、もっと詳しい説明書を作成して欲しいですね。

何かこだわりがあるのでしょうが、白い紙は 今 環境問題の時代ですから、再生紙にして欲しいですし、高級そうな紙でなく、薄い紙でもいいと思いました。

 

(*^_^*)今日も 読んでいただきまして、ありがとうございます。

   

ぽちっとしていただけると うれしいです。

 PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村