ルーナっこの雑記ブログ

food・家・映画など、生活についてつづります。

コロナの変異株とワクチンの効果【コロナ21】

コロナの変異株は感染力が高く 全国に広がりつつあります。

まんえん防止等重点措置を定めた地域は 東京、大阪、兵庫、京都、沖縄、宮城となっています。

ワクチンについての情報を 記します。

f:id:Lunakko:20210117204132j:plain

2枚のマスク

変異株に今のワクチンが効くのか

AIの論文分析では イスラエルのデータで効果があると分かりました。

イスラエルでは 世界最速でワクチン接種が進んでいます。

去年の12月末には 感染者の8割がイギリス型の変異株でした。

1月には1万人の感染者でしたが、高齢者のワクチン接種が進むと感染者が減り始め、4月には1日当たり300人にまで減少しました。

変異株に対して、今回のワクチン接種の効果が示されました。

ワクチン効果

今回のワクチンは インフルエンザワクチンと違うパワーを持っています。

ワクチンは 身体の中に抗体を作ります。

それが、ウイルスにくっついて、人間の細胞につくのを防ぎます。

これは、インフルエンザワクチンと同じです。

 

今回のワクチンは もう一つの免疫細胞を活性化させることが分かってきました。

それはキラーT細胞。

コロナウイルスが侵入した細胞を見つけると、特殊な攻撃物質を出して 細胞ごとやっつけてくれます。

抗体で抑えきれなかったウイルスがいても キラーT細胞がやっつけてくれます。

 

抗体とキラーT細胞の2つの武器を 活性化できるので、今回のワクチンは変異株にも効果があると考えられています。

ワクチンの副反応(医療従事者 15,000人の調査)

2回目の接種から 1週間後に免疫が獲得されます。

2回目の方が 副反応が多いが、5日程度でおさまる。

 

・倦怠感  38%

・発熱   36%(37.5℃以上)

・腕の痛み 31%

・頭痛   25%

アナフィラキシー 

日本では100万回当たり 72件(インフルエンザワクチンは 100万回当たり1件)

インフルエンザワクチンよりは多いが いずれも回復している。

まとめ 

抗体を作るだけでなく、免疫細胞を活性化させるワクチンなんですね。

高齢者の接種が終わるのは夏頃。

打てば重症になる人の数は減るが それまでは時間がかかるので、接種していない人は、これまで通りの感染対策を徹底することが必要です。

 

65歳以上の友人は、4月14日にワクチンの連絡がきました。

その地域では 4月20日から予約開始。

接種は5月11日から始まるそうです。

 

(*^_^*)ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。 

lunakko.hatenablog.com

  

ぽちっとしていただけると うれしいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村