ルーナっこの雑記ブログ

food・家・映画など、生活についてつづります。

家の建て方の流れ パートⅤ【F、D、W 3つの工務店】

先日ハウスメーカーHさんに 家の概算価格や性能を聞いたり、壁を燃やす実験を見せてもらいました。

価格が高かったので、地元の工務店さんにも聞いて見ることにしました。

 

コロナ渦なので 電話で打ち合わせです。

f:id:Lunakko:20210308195310j:plain

リビング

F 工務店

ホームページでは 

・全棟長期優良住宅

UA値 平均0.46w/mk2

・本体価格2階建て 坪55-60万円(基本設備込み)
       (含まれないものは 敷地によって変わる屋外給排水や外構工事。建築前申請費用等。)

・建物特徴  地中熱を利用した高気密・高断熱・省エネルギー住宅。
・平均光熱費 7,000円/月

(建物面積36坪、2階建て、オール電化住宅)太陽光発電設備を設置すれば、光熱費はもっと軽減されます。

・アフター

3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年

 

打ち合わせでは

地震等級 3

・C値  1.0

・シロアリ対策  周りに薬をまく。又は ヒノキを使用する。

・免震  オプション。

・外壁 10年メンテなし。

・水漏れ、家の躯体   10年メンテ

・ガラス  二重ガラス、樹脂サッシ、ガスが入っている。

・開口 40cm

f:id:Lunakko:20210308201104j:plain

D 工務店

ホームページでは 

・ZEH

・断熱材  グラスウール(パラマウント)を 床下、外壁内、天井上、屋根下に施工。

・省令準耐火構造 火災保険料も約半額になります。

・ベタ基礎 鉄筋コンクリート全体で建物の加重を支えるため、地震や台風の衝撃力を地盤へ分散します。

・防蟻・防水 地盤をコンクリート全体で覆うベタ基礎なので 効果があります。

・耐力壁と制振システム(制振はオプション)

耐力壁は 地震や台風による建物の変形を生じにくくする壁です。

オプションで制振システムを加えれば、揺れエネルギーをさらに最大70%吸収することも可能です。

 ・窓 「樹脂」+「LOW-E複層ガラス」

太陽光発電 日中は太陽エネルギーで発電し家庭で使用、余った電気は売電

 

 

資料では

UA値 0.5w/mk2

・制震等級 2と3

・ガラス トリプルとLow-E複層ガラス、樹脂サッシ

・一種換気

・壁 プラチナコート

10~20年持ちます。 30年で張り替え

・床 ネオマファーム

 

 

打ち合わせでは

 

・開口 40cm

W 工務店

ホームページでは 

・ZEH

・長期優良住宅

・断熱材  外張り断熱、基礎断熱 ネオマファームを 床下、外壁内、天井上、屋根下に施工。

・防蟻 地面にシートを敷いて、シロアリ対策。10年持ちます。

・制振システム(住友ゴム ミライエ)

 

 ・窓 「樹脂」+「LOW-E複層ガラス」

太陽光発電 5.49kw

 ・壁 サイディング

 ・UA値 0.6

・床 ネオマファーム

・設備機器は 10年保証付き

・10年までは無料点検

その後5年ごとの点検は無料。修理は 有料。

 

 

打ち合わせでは

・三種換気 

 

・開口 40cm。 住む所は 地面から50cm。

まとめ

毎日 家のYouTubeを 沢山見ているので 寝不足です。

後悔したくないので、少しでも情報を持って打ち合わせに臨みたいのです。

 

「家は3回建てて やっと満足できる。」

と 言いますから。

 

1回目だから 仕方ないかしら。

 

 (*^_^*)ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。 

リノベーション講座実施中【LogRenove】

 

lunakko.hatenablog.com

  

ぽちっとしていただけると うれしいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村