ルーナっこの雑記ブログ

お仕事・food・メンタルなど、健康的な生活についてつづります。

マイナンバーカードの手続きをスマホで  

マイナンバーカード作ります

マイナンバーカード 必要ではないし。

急いでないし。

そのうち作りましょう。

 

と思いつつ、調べてみると。

市役所で作れるバズが、2つ隣の駅のマイナンバーカードセンター

でしか作れなくなってました。

 

市役所だったら 近かったのに。

早く行っておけば良かったのかしら。

マイナンバーとは

行政を効率化し 住民票を持つ全ての方に 1人1つの番号をお知らせして 

国民の利便性を高める制度です。

マイナンバーカードとは

マイナンバーカードは マイナンバー(個人番号)が記載された写真付のカードです。

 

プラスチック製のICチップがついていて、

氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の写真が表示されています

マイナンバーカードの メリット

1.個人番号を証明する書類として

マイナンバー(個人番号)の提示が必要な場面で、利用できます。

 

2.各種行政手続きのオンライン申請

マイナポータルへのログインを始め、各種行政手続きのオンライン申請に利用できます。

 

3.本人確認の際の公的な身分証明書

運転免許証と同様に 公的な身分証明書として使用できます。

そのため未成年の方や 運転免許証をもっていない人は、

複数の書類を用意する必要がある場面でも、マイナンバーカードがあれば、この一枚で証明できます。

 

また マイナンバーの提示と本人確認が同時に必要な場面では、

これ1枚で済む唯一のカードです。

金融機関の口座開設・パスポートの新規発給など、様々な場面で活用できます。

 

4.各種民間オンライン取引

オンラインバンキングをはじめ、各種民間のオンライン取引に利用できます。

 

5.様々なサービスを搭載した多目的カード

市区町村や国等が提供する様々なサービス毎に必要だった複数のカードが

マイナンバーカードと一体化できます。

 

今後は保険証としても利用できるようになる予定です。

一部では図書館の貸し出しカードに利用されたりと、利用範囲が広ってます。

 6.コンビニなどで 各種証明書を取得

コンビニなどで住民票の写し、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得できます。

これまで発行できるのは、役所のみでしたが、いつでも開いているコンビニで取得できます。

土日休みの会社員でも、平日に休暇を取ったり、昼休みに時間を取ったりする必要がありません。

 

発行には電子証明書が必要になりますので、番号を確認してから行きましょう。

※市区町村によりサービス内容が異なります。

f:id:Lunakko:20210115203502j:plain

PCとスマホ、ノート

 マイナンバーカードセンター

たまたま用事があって、マイナンバーカードセンターがある駅に行くことになりました。

 

予約を受け付けているので、電話をしました。

すると、一週間先まで予約が一杯でした。

 

来月分の予約をしようとしましたが、来月分の予約はまだやっていないとのこと。

ネットでも、来月分はまだ予約できませんでした。

 

混んでいるそうです。

申し込もうとした時はできないものです。

PCやスマホ、郵送、町中の証明写真機 

ションボリしていると、

マイナンバーカードの申し込みは できるんじゃない?」

と言われ、ネットで検索します。

 

PCやスマホ、郵送、証明写真機でもできます。

スマホが 簡単ですので、スマホでやってみることにします。

 

1.スマホで顔の写真を撮影します。

最初に撮っておいた方が、いいです。

失敗して何度も撮り直して 時間がかかると、サイトがエラーになります。

2.交付申請書のQRコードを読み込ませて、

申請用のWEBサイトにアクセスします。

3.あとは 画面に従って必要事項を入力し、写真を添付し送信します。

 

意外と簡単でした。

写真のエラーがあったら、連絡がくるそうです。

 

混み具合にもよりますが、1~2ヶ月で 連絡がくるそうです。

まとめ 

マイナンバーカードセンターが混んでいたら、PCやスマホ、郵送や証明写真機でもできます。

 

今後 利用が拡大されていくと思われますので、

今から作っておくのは賢明な判断と言えるのではないでしょうか。 

 

(*^_^*)ここまで読んでいただきまして ありがとうございます。

  

 

ぽちっとしていただけると うれしいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村