ルーナっこの雑記ブログ

food・家・映画など、生活についてつづります。

映画「マーヴェリック」 西部劇ですが 詐欺師がでてきます

映画「マーヴェリック」

1994年 アメリカ映画

メル・ギブソン × ジョディ・フォスター

最後に勝つのは 誰でしょう

ハラハラドキドキ 西部劇ですから 命がけ

冒頭から衝撃の映像

主人公マーヴェリックが 首を吊られてます。

主人公を吊った悪役(エンジェル)が「俺も 吊られたことあるが 良い気分じゃなかった」

って、えっ?! 吊られたことあるの?

さすが 西部劇。

常に命がけです。

 

「こんな所で 一人でいたら 頭もおかしくなるってもんだ」

って、親切(?)で 毒蛇をおいていく。

ありがとう。

じゃないです。

 

どうなるの?どうするの?

馬に乗せられたまま 首吊られてます。

馬は 逃げます。

馬が いなくなったら、首吊られてしまう。

 

と、ここで一週間前からの ついてない回想が入る。 

回想

クリスタルリバーの銀行に借金を取りに行った。

馬を盗まれ ロバに乗って 参加費3,000ドルが足りなかったが、

今世紀最大のポーカー大会に向かっていた。

50万ドルの賞金の為だけでなく、一生に一度の自分の実力を試すために。

 

ロバを売った後、先ほどの悪役とすれ違う。

なんとなく 嫌な予感。

 

酒場に行って、ゲームに入ろうとしたが、さっきの悪役に 

「ゲームには いれないよ」と言われる。そこで

「最初の一時間 俺が負ける」といって、仲間入り。

 

そこで ゲームをしていたアナベルジョディ・フォスター)と知り合う。

 

ゲーム開始。

一時間経って、マーヴェリックが勝ち始めると

「今のは 無しだ」

と ジョニー・ハーディックが。

名前を聞いて、ビビり 手を止めるマーヴェリック。

「仕事はガンマンだ」と言われ

「今のは 無しだ」と主人公。

 

でも実は 早撃ちの主人公。

冗談が 面白い。

 

でも結局 悪役が「はったりだ」と 怒り始めケンカになる。

そこへ 以前負けた4人組のギャンブラーが入ってきて、 またケンカ。

意外と強いマーヴェリック。

ケンカのあとの くだりも笑えます。

 

部屋へ戻って。

アナベルがやってきて。

とても魅力的な女性です。

うっかり彼女に財布を盗られたのに気づき、取り戻しに行きます。

代わりにシャツを洗ってもらうと、縮んでしまいました。

 

翌日。

4人組は マーヴェリックの仕込みでした。

船に乗って、アナベルを責めると クーパー保安官に邪魔されました。

船を下りて、馬車に乗ると 途中で御者が亡くなって 馬が 暴走。

崖から落ちそうになる所の やり取りも楽しい。

 

その頃エンジェルが 4人組に騙されたことを知りました。

そして「マーヴェリックを ポーカー大会に出すな」との連絡をもらっていました。

インディアンとやり合う

馬車で行く途中で インディアンに襲われた伝導活動の集団を助けることにする。

詐欺師なのに いい人。

 

犯人はインディアンではなかった。

犯人を探し出して、お金を取り戻す。

ここも細かくコントがはいってる。

 

でも伝導活動の「お金が足りない」と知って、お礼のお金を返してしまう。

またまたいい人。

 

そこへ本当のインディアンが現れる。

実は インディアンと友達の主人公。

 

借金を返してもらうため、自分が人質になるふりをする。

インディアンの言葉が分かるのは 主人公だけなので みんなを騙して。

 

ところが友達のインディアンはお金がなくて借金を返してもらえないため、ロシア人を騙して、お金を手にいれます。

 

やっと手に入れたお金を持って 大会に急ぐ途中 エンジェルに捕まり 首を吊れらます。

それで最初につながります。

なんとか窮地を脱する

運良く生還でき、大会へ。

アナベルと会うも、彼女も参加費用が足りなかったのです。

そこで船の乗客のロシア人を見つけて、またお金を騙しとります。

これで大会に参加できました。

 

クーパー保安官が 参加費を預かり 大会が開始されます。

f:id:Lunakko:20210108175451j:plain

ポーカー

勝戦

マーヴェリックは 提督と一騎討ち。

カードは、、、

なんと スペードのエース!

マーヴェリックの大勝利です。

ところが、クーパー保安官が賞金を持って逃げてしまいます。

 

クーパー保安官を追いかけて 提督が現れます。

実は2人はグルでした。

しかし提督は賞金を独り占めしようと、クーパー保安官を殺そうとします。

そこへマーヴェリックが現れ、賞金を持って逃げます。 

それから

マーヴェリックが お風呂でのんびりしていると。

なんとクーパー保安官が 追いかけてきました。

実は二人は 親子でした。

賞金を手に入れて喜ぶ親子。

そこへ アナベルが現れ、賞金を奪い 逃げていきました。

 

「また、取り戻す楽しみができた」

とマーヴェリックは 笑います。

な・ん・と

ブーツの中に 賞金の半分を入れていたのです。 

まとめ

騙し騙され、どこまでが本当で どこまでが嘘か。

最後に笑うのは誰か。

 

西部劇ですから ドキドキハラハラも命がけです。

痛快な映画を観ると 仕事のストレスも解消されます。

血流がよくなって、美容と健康によさそお。 

マーヴェリック[DVD]

マーヴェリック[DVD]

  • 発売日: 2000/04/21
  • メディア: DVD
 

 

 

ぽちっとしていただけると うれしいです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 正社員OLへ
にほんブログ村