ルーナっこの雑記ブログ

food・家・映画など、生活についてつづります。

雪かきしないと ドイツでは訴えられます! 目標達成の方法。@germany2

降りま、、、した

「雪、降らないなー」と 思ってましたが、ついに首都圏でも降りました。

東京の今シーズンの初雪は、平年より9日、昨年より8日遅いです。

 

雪、、、と言うと、数年前の大雪の恐怖を思い出します。

 

あの時は、店頭から雪かきスコップが消えました。

どこのお店にもなくなって、仕方なく普通のスコップを買ったりして。

雪かきスコップって そんなに使いませんが、必要ですね。

雪って、降ってるときはまだいいんです。

問題は、朝。

 

電車も間引きしたり、遅れたり。

それに 雪がカッチカチに凍って、滑るすべる

通勤途中に歩道橋があるのですが、その階段で 革靴はいた会社員が目の前で 滑って転びます。

歩道では転ばないにしても 滑る。

 

それをみて、転ばないように ソロリソロリ気をつけて歩きます。

精神的にも 肉体的にも会社に着く頃には疲れはててます。

f:id:Lunakko:20201209174907j:plain

会社

ですから 雪が降った翌日は 休みたいです。

休めればいいのですが、業務によっては 休めませんものね。

悲しい。。。

 

皆さんも 滑らないように気をつけてください。

 

今年は日本海側で 大雪です。

毎年雪で大変ですが、今年は例年の3倍とも言われてます。

 

雪かきしないと家が押しつぶされてしまいます。

シーズン中の 雪かき代は、18万~50万円もするとか。

f:id:Lunakko:20210109210757j:plain

雪の街

ドイツ

日本では、家の前の雪かきをするのは、個人の意思に任されてます。

世のため人のため、ひいては自分のためにやっています。

 

友人のナンちゃんも、お祖母様の家の雪かきをするために、泊まりがけで行ってました。

一晩中降りますから。

 

また友人のカンちゃんは 夜中に起きて家の周りの雪かきをしたそうです。

そうしないと追いつかないほど 雪が降りましたから。

 

ところがドイツでは、雪が降ったら 家の周りの雪かきは義務になります。

もし 誰かが家の前で雪で転んだら、 

そして そのとき雪かきされていなかったら

 

その家に住んでいる人が 治療代を払うんです!!

そうなると、義務や訴えられないように 雪かきをすることになります。

 

ドイツだったら 歩道橋の階段で転んだ会社員は どこに訴えるのかしら、、、

 

日本では 考えられないです。

日本に住んでいて良かった~。

 

日本でもドイツのように 治療代を払わなければならなくなったら、どうなるんでしょうか。

世のため、人のため。

という気持ちは なくなるのかしら。

 

そんなことになったら、少し寂しいですね。

 

人間は やらされてやった行動よりも、

自分で考えて決めた。

と言う方が 気持ちよく行動できます。

 

それにいろいろ工夫してみたり 楽しんでできて 知識も身につくと思います。

まとめ

ドイツだったら、転ぶのも「自己責任」かと 思いましたが 意外でした。

 

日本で、雪かきが義務になったらみんなどうするんでしょうか。

 

仕事でもそうですが、

誰かに言われてやるときは、100%の力は出ない

のではないかと思います。

 

自分で考え、自分で決めたことは 気持ちよくできるし、

本当に死に物狂いでやるので、大きな力が発揮できるのではないでしょうか。

 

目標を決め それを達成するにも、

自分で考えて実行していけば、少しずつ目標に近づいていけると思います。

 

 ところ変われば、のお話でした。

  

 

ぽちっとしていただけると うれしいです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 正社員OLへ
にほんブログ村